お金に困った。今こそ質屋を活用しよう!

お金を借りる時の注意点

質屋を利用している方に知っていただきたいのですが、質屋でお金を借りる際にはいくつかの注意点があります。

こちらでは質屋でお金を借りる際の注意点について説明していきます。

・担保として預かってもらえないものもある

質屋は何でも担保として預かるわけではありません。
古本や古着など、ほとんど価値のないものなどは担保としての機能を果たさないので、お金を貸してもらえません。 担保とするものはそれなりに高価なジュエリーや装飾品が人気となっています。

・金利が高い

質屋は金利が高めといえます。
カードローンなどは金利は20%までと制限が設けられているのですが、質屋にはそうした制限もないのです。 そのため、金利がかなり高い質屋もありますので、借りる際には注意が必要です。

・違法質屋の存在

詐欺師

質屋には悪徳な営業を行っているような業者も存在しています。
詐欺まがいの鑑定で、本来ならありえない融資額に設定されたうえに、強引に質流れされてしまったりというケースもあります。

また、年金手帳や通帳を担保とし(もちろん違法です)、法外な金利を吹っかけているなんてこともあります。 違法質屋はかなり悪質な行為をしていることが多いので、被害にあうと多額のお金を失いかねません。

そのため、違法質屋の存在には十分注意し、被害に遭わないようにしましょう。

便利にお金を借りることができる質屋ですが、上記のような注意点には十分ご注意ください。

特に違法質屋の被害に遭われますと、大切な品物を取られてしまったり法外な金利で高額な返済を迫られたりとろくな目にあいません。
そうした被害に遭わないようにするためにも、十分な注意を心がけるようにしてください。